ラスベガスのカジノで史上最高額の払い出しを獲得した男:エルマー・シャーウィン

2つの異なるカジノでジャックポットを引いた唯一の人物である第二次大戦の退役兵のエルマー・シャーウィンは、ベガスのミラージュ・カジノの開店した最初の日に、メガバックス・ジャックポットのスロットマシーンで460万ドルの勝ちを収めました。

エルマー・シャーウィンは1989年に導入された「プログレッシブ・ジャックポット」のシステムでボーナスを獲得した最初の人物です。このシステムのコンセプトは、プレイヤーがスロットをプレイする度にジャックポットで獲得できる金額が増えていき、誰かが当たりを引くとまた通常のボーナス額に戻る、というものです。このシステムは非常に射幸心を煽るセールスポイントで、また多くのプレイヤーがこのシステムで大勝ちをしてきました。

エルマー・シャーウィンがジャックポットで獲得したお金は、彼の長年の夢だった世界旅行の資金となりました。シャーウィンが1989年に最初に引いたジャックポットで獲得した金額は、遊んで暮らすのに十分すぎるほどのものでしたが、シャーウィンは世界旅行から帰った後もスロットを打ち続けたのです。シャーウィンはお金が必要なわけでなく、ただスロットを楽しむためだけに打っていたのです。

そしてその16年後の2005年にシャーウィンが再びジャックポットを引いた時、彼がどのくらい驚いたかを想像してみてください。2005年のジャックポットでの獲得金額は210万ドルと前回よりも少なめでしたが、今回はシャーウィンは全くお金を必要としていなかったので、獲得した金額のほとんどを当時の台風のカトリーナの被害を受けた人への支援金や、依存症に苦しむ人のリハビリのために使ったのです。