いまだかつてない大きなカジノ回収: シンシア・ジェイ・ブレナン (ラスベガス)

カジノの勝利は時にほろ苦く、時に紛れもない悲劇となる。シンシア・レイ・ブレナンという名の若い女性に悲劇が襲ったのは2000年のことだった。ホステスをしていた彼女はカジノの経験が豊富で、当時はまだボーイフレンドだった男性と自分の母親と3人で、ラスベガスの休暇を楽しむことにした。そしてそこで、スロットマシーンの信じられない大当たりに恵まれたのだ。州の定める最高限度額は3500万ドルだったが、それがそのままあの運命の日に彼女たちが当てた金額だった。

結婚をして世界周遊旅行を計画し、あとは仕事をやめてお金をどう楽しもうかとあれこれ思いを巡らした。ちょうどその2週間後に、悲劇が襲った。シンシアと彼女の妹が飲酒運転の車に轢かれたのだ。妹は即死で、シンシアも恐ろしく重症を負い(脊椎粉砕骨折)、残りの人生を介護を受けながら車椅子で生活しなければならなくなった。

シンシア・レイ・ブレナンのスロットマシーンの大当たりは、ラスベガスでも記録に残るほどのものだった。しかし現在、彼女と彼女の夫は、彼女がもう一度歩けるようになり、かつての生活を取り戻せるのなら、それをすべて返すだろうと述べた。